激しく情熱的な和風シンフォニックロックサウンドとボーカルで描く、時を旅する少女の物語
前作「戦火ノ桜-白-」から続く、乱世に生きた英傑達の叙情詩は終焉を迎える。